イスラームとは何か〜その宗教・社会・文化 (講談社現代新書)

イスラームとは何か〜その宗教・社会・文化 (講談社現代新書)

イスラームとは何か〜その宗教・社会・文化 (講談社現代新書)

 

■目次 


●「イスラーム」の発見へ
●新しい宗教の誕生
●敬典と教義
●共同体と社会生活
●第2の敬典とハディース(予言者言行録)
●知識の担い手たちと国家
●神を求める2つの道
●スナン派とシーア派
●黄金期のイスラーム世界
●現代世界とイスラーム

 

■レビュー

 

  2018年6月5日(火曜日)、アラビア語、中近東、イスラーム言語学について教わった恩師に再開。あわせてモロッコから日本へ留学に来ている学生に会う機会があった。

  この機会に向けて、学生時代、イスラーム入門書として、恩師に紹介された『イスラームとは何か』を、再度読んでみた。

  できれば、ブックマークやマーカー機能が使える電子書籍で読みたかったけど、残念ながら、電子書籍版は出版されていないので、紙書籍で再読。

  イスラームという、宗教、文化、歴史について、概要を理解できる。

  ムハンマドや初期に活躍したキーパーソンの人物像を窺い知れるエピソードなどもあり、イスラームを多角的に理解するのに役立つ。

  著者の小杉泰 先生は、難解なことを分かりやすく解説することで定評がある。

  イスラーム国や9.11テロが起きる以前に出版された書籍ではあるけど、そもそもイスラームとは何か、を理解するには、良い入門書。

図説 古代文字入門

図説 古代文字入門 (ふくろうの本)

図説 古代文字入門 (ふくろうの本)

 

■目次

 

ヒエログリフ古代エジプト
楔形文字―古代メソポタミア
アナトリア象形文字―古代トルコ
線文字B―ミケーネ文明
フェニキア文字―古代フェニキア
エトルリア文字―古代イタリア
メロエ文字―古代スーダン
古代南アラビア文字アラビア半島
ティフィナグ文字北アフリカ・サハラ
ルーン文字―北欧・ヴァイキング

ブラーフミー文字―古代インド

甲骨文―中国

マヤ文字マヤ文明

未解読文字の世界(インダス文字、ファイストスの円盤、線文字A、原エラム文字、ワディ・エル=ホル刻文、インカのキープ、ロンゴロンゴ)

おわりに―文字と記憶

主要参考文献・図版出典文献

 

 

■レビュー

 

  2018年6月5日(火曜日)、アラビア語、中近東、イスラーム言語学について教わった恩師に再開。

  その前日、偶然、書店で手に取った『図説 古代文字入門』の目次を見ると、恩師が執筆している項目があった。

  2018年5月23日初版出版なので、タイミングがよかった。すぐ購入し、目を通した。このジャンルを趣味にする人から専門家までを対象にした読み物として、各項目(古代文字)が数ページに纏められている。

  古代文字といっても、今は使われていないヒエログリフ、古代南アラビア文字、甲骨文などがあり、一方、紀元前から使われており、今、復興、普及が徐々に進められることになったベルベル語ティフナグ文字の解説もあり、興味深い内容。

  タイ文字、ラオス文字、クメール文字、ミャンマー文字梵字などが属するインド系文字ブラーフミー文字についての項目もある。

 

  「新しい本、出版されたんですね」と、恩師に言うと、「5月末に出たばかりなのに何で知ってるの?」と驚かれた。

  本当に偶然、日本へ一時帰国して本屋に立ち寄って手にしたからです。

  恩師によると、6,000部発行し、売れるのでは、とのこと。

  確かに、それぞれの古代文字だけでは、対象者が絞られるけど、古代文字として集めて解説することで読者の幅は広がる。一般の読者にも分かるように古代文字を解説した書籍も数少ない。

  ネットで見る限り、書店によっては、既に売り切れとなっているので、買っておいてよかった。

Mastering Arabic

  基本文法を勉強して、実用的な表現のインプットとアウトプット、リスニング、リーディングを鍛えるのに良い教材。

 

★Mastering Arabic 1

狙い:基本事項の習得

 

★Mastering Arabic 2

狙い:語彙と表現力の幅を広げること

Mastering Arabic 2

Mastering Arabic 2

 

  各課の最後に、主な単語が整理されているので、一覧して単語の復習ができるのが便利。

  Mastering Arabic 2の特徴は、各課の最後でThe Arab Worldとして、アラブ各国について取り上げていること。各国方言の特徴、文化や著名人の解説があり、語学力だけでなく、アラブ世界の基礎知識を習得できる。

  各国の方言話者によるスピーチは、発音、表現などの特徴が非常に良く分かるように作り込みがされている。

  取り上げている方言は、下記の通り。

  • エジプト方言

▶動詞派生形 エジプト型第8形

※エジプト口語のみで使われる派生形。受動態の意味。

اِتْوَلَدْتْ

▶音声面での特徴

ستة أيّام sittatiiyaam スィッタ・ティーヤーム

من تسعة لستّة mn tesعa-l-setta ムン・ティスア・ルスィッタ

▶音の入れ替わり

مُتَزَوِّج mutazawwij 本来(正則)のアラビア語

مُتَجَوِّز mutagawwiz エジプト方言

 

アラビア語表現とことんトレーニング

単語メモ

 

第1課

عَرُوسٌ - عَرِيسُ

كُرَّاسَة

 

第2課

مُوَظَّفٌ - مُوَظِّفٌ employee - employer

مَجَلَّةٌ

مُمْتِعٌ

مُمَرِّضٌ nurse

مَرِيضِ patient

 

第4課

وَظِيفَتِي مُتَرْجِمٌ

 

第5課

كَيْفَ الْجَوُّ؟

اَلْجَوُّ مُمْطِرٌ وَبَارِدٌ

يَمْطُر ساعةً

لم يُمْطَرْ

البيت بيتك

الجوّ مُشْمِسٌ وَحَارّ The weather is sunlit and hot.

مُقْمِرٌ moonlit

مُنَوَّرٌ enlightned, lit

 

第6課

مُجْتَحِد 勤勉な

نَظِيف

حارّ 暑い、辛い

 

第7課

مُفِيد

نَافِع

 

第8課

سائق

مَكْتَب desk, office, bureau

مائدة table

الكرّاسة على المكتبِهِ

تلك الحديقة قُرْبَ النّهر

جامعتي وَسْطَ هذه المدينة

 

第9課

القُدْسُ

في فِلَسْطِينَ

في قَطَرَ

في تونسَ

في مِصْرَ

في دِمَشْقَ

في فَاسَ

في مَكّةَ

سُورِيا

سورية

تُرْكِيا

من أين زوجك؟

هذا الطّبّاخ من القاهرة

هل انت من اليمنِ؟

هذه المُطْرِبة من تونسَ

اين صُنْعاء؟ هي في اليمن

اين الدَّوحة؟ هي في قطرَ

اين الرياض؟ هي في السعودية

 

第10課

ما جنسيتك؟ جنسيتي ياباني

هي مُطْرِبَة عراقية

 

第11課

الثقافة السعودية مختلفة عن الثقافة اليابانية
انا مُشْتاق إلى مصر
انا مشتاقة الى الطعام المغربية
الشعب العربي مشهور بالكَرَم الضِيافة
اليمن مشهورة بالجَنٍبية
مصر مشهورة بالاهرامات
انا فَخور بِهِ
هل الخطء منهُ
انا مُهْتَمَّة بالثقافة العربية

 

第12課

الله معك
انت معي؟
هذه هدية بَسيطة مني لك
مل هذا لك او له؟
لمن هذه الحقيبة؟ هي لي
هذه الدّرّاجة لها

 

第13課

في هذا المطعم طبّاخ مشهور

 

第14課

ليس عندي سؤال
هل لديك اغ او اخت؟
لديَّ فكرة جميلة

ما لك؟
حَرارة
صُداع
إسهال
بَرد
سلامتك

 

第16課

انا مشتاق اليكم

まずはこれだけ チュニジア語

まずはこれだけチュニジア語 (CDブック)

まずはこれだけチュニジア語 (CDブック)

  • 作者: ベクリアブデルモナム,Bekri Abdelmonaam
  • 出版社/メーカー: 国際語学社
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

  アラビア語チュニジア方言について、文字、基本的な語彙、構文、表現が整理されている。

  付属の音声は、とても役に立つ。

  既刊の『モロッコアラビア語』を参照しつつ、チュニジア方言とモロッコ方言との違いを見比べながら学習するのも面白い。

  モロッコ方言とチュニジア方言とは、似つつも同じではないことがわかる。

  例えば、

  • 代名詞、指示詞などは、音は近いものの、若干異なる点がある。
  • 定冠詞の使い方は、チュニジア方言では、太陽文字には定冠詞を付けないという特徴がある。
  • قَدّيش(カッデーシュ:どのくらいの期間?)というのは、エジプト方言でのアッデーシュと共通。

  正則アラビア語の基本を学習し、更にひとつでも方言を学習した人であれば、チュニジア方言の各語彙はコツコツ覚えるしかないけど、方言の輪郭(基本語彙、文法、構文)を捉えるだけであれば、数日あれば読み終えることができる。

エジプトで「平和学」導入=「日本」の科技大、育成強化


エジプトで「平和学」導入=「日本」の科技大、育成強化:時事ドットコム